仮想化とクラウドコンピューティングは多くの組織にとって補完的な概念であり、これらの2つの用語はしばしば互いに置き換えられます。互いにパッチ、更新、バックアップなどの非戦略的なIT機能を実行することなく、アプリケーションを運営する自由を企業に与える新しい時代を作り出しています。仮想化はクラウドコンピューティングの基盤として機能し、クラウドコンピューティングの価値を実現するのに役立ちます。仮想化を使用すると、サービスの中断することなく、仮想マシンを作成し、手動プロセスで仮想マシンを拡張、縮小することができます。

クラウドコンピューティングはインターネットを通してアクセスされ、仮想化を利用することができます。クラウドコンピューティングとは、コンピューティングリソース、データ、およびストレージリソースをネットワーク上のエンドユーザーにサービスとして提供することです。

主な違いは、仮想化ではハードウェアの内部管理とクラウドコンピューティングを制御していることです。既に、サービスは広域ネットワークのプロバイダによって管理されています。そして、クラウドインフラストラクチャを構築するために使用される多くのコンポーネントがあります。クラウドコンピューティングは、実際の場所に関係なく、マシンの仮想化を可能にします。最下層には、サーバー、ストレージ、ネットワークコンポーネントなどのハードウェアコンポーネントがあります。これは、仮想化が物理インフラストラクチャの一部であるサービスとして記述することができます。 単一のマシンに適用可能なすべての概念、操作は、クラウド上に配置された仮想マシンに適用可能です。

クラウドコンピューティングにおいて、セルフサービスとは任意のユーザーにいつでも可用性を提供するための重要な概念です。すべてのリソースは、より一般的に一時的なものとみなされ、スピンアップして、使用して、完了したら削除されます。仮想化は、インスタンス、ボリューム、およびネットワークを仮想化する独立した要素として扱います。クラウドコンピューティングはそれらをすべて統一されたリソースとして扱います。

セレスティアルの仮想化サービスは、ソフトウェアを使用してハードウェアをシミュレートする単純なプロセスを採用しています。それはクラウドなしで存在することができます。しかし、クラウドコンピューティングは仮想化なしでは存在できません。クラウドコンピューティングにより、企業は実際のマシンではなく、仮想サーバー上のアプリケーションとデータを格納し、アクセスすることができます。多くの組織では、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティスタック上に仮想サーバーを作成して仮想化を展開しています。

 

ホーム     企業     オファリング     リソース     キャリア     問い合わせ

テクノロジーパートナー

SENCHA     APTELIGENT     MOXTRA     LEANPLUM     SAUCELABS

 

© 2001-2017 Celestial Systems Inc. All Rights Reserved.